野球選手の適正な年俸

もともと、最近の野球選手は中日球団に限らず、あまりにも給料が高すぎます。あの世界のホームラン王、王貞治さんですら、当時の物価価値で年俸2億円ほどだった聞いたことがあります。なのに、今の野球選手は並の選手でも1億円以上貰っている選手ばかりです。

もちろん、昔とは環境が違うので、給料を高くしないと、ライバル球団にFAで移籍されてしまったり、メジャーリーグに選手が流出してしまったりするのを防ぐ意味合いもあるのでしょうが、最近の選手の年俸は、あまりにも選手の価値と比べて給料が高すぎるような気がしてなりません。

今回の中日球団の大減俸は、本来あるべき野球選手の給料に戻しているだけで、大騒ぎするようなことではないと思います。野球人気が低迷してきているというのに、選手が昔の意識のままで高給を取り続けていれば、人件費に経営を圧迫され、財政破綻する球団が出てもおかしくありません。中日球団に追随して、他球団も選手の減俸を推進する流れになったほうが、将来的には日本野球界のためになると思います。

Comments are closed.