本屋大賞の部門の1つに地域大賞のようなものを設けたらどうか

4月10日の愛媛新聞ONLINE配信として、9日決まった今年の本屋大賞受賞作:和田竜氏の小説「村上海賊の娘」の舞台が愛媛県今治市宮窪町沖の能島のため、地元宮窪町など県内では9日、大きな反響が巻き起こった、とYahooニュースは伝えています。

この作品の題材である村上水軍関連の物を収蔵する村上水軍博物館には、お祝いの電話等が鳴り続けたということです。今後、観光客増等、地域活性化の1つの材料になればと期待したいものです。

本屋大賞は平成16年に設立され今年で11回めの表彰となりますが、芥川賞・直木賞などの、いわゆる作家・文学者が選ぶ文学賞と異なり、書店員が投票で選ぶ作品賞です。受賞作品は、芥川賞・直木賞受賞作品よりも売れる作品もあり、注目を浴びる作品賞となっています。

これは、私達に、より身近な書店の店員さんがお薦めの本ということで、より親近感を感じるからではないでしょうか。本屋大賞には複数の部門があり、発掘部門、翻訳小説部門などがあります。私の提案ですが、この部門の1つに、地域大賞のようなものを設けたら良いと思います。例えば、今年は北海道が舞台、来年は東北が舞台の小説というように地域を指定して大賞を選ぶのです。そのようにして選ばれた小説の舞台となった土地は脚光を浴び、地域活性化が促進されると思います。

浅田真央の永遠のライバル

浅田真央とライバル関係にある韓国のキムヨナ選手が復活して、優勝しました。
どうしても勝てない相手がキムヨナのような感じがします。メンタルな面で、キムヨナがいることで萎縮してしまっているのではないかと思える浅田真央選手です。

ソチオリンピックに向けて、キムヨナ選手も本気で戦ってくるでしょうから、浅田真央選手もしっかりしないといけません。

昨日のグランプリファイナルではトリプルアクセルに2回挑戦しましたが、2回とも失敗してしまって、残念ですが、それでも200点越えで連覇を達成した浅田真央選手です。トリプルアクセルが成功するとすごい点数が出るのではないかと思われます。それでもキムヨナ選手が同じ氷の上にいると、何となく元気がないように見えてしまいます。

ライバルがいるから進歩することができるのがスポーツの世界だと思います。しかし、浅田真央選手はソチオリンピックを最後の舞台だと決めているようなので、期待が出来ます。

ポールウォーカー事故死、残念だなぁ…

ポールウォーカーが亡くなったそうですね。
うーんまだ若いのに残念ですよね。

ワイルドスピードのブライアン役は、はまり役でしたねぇ。
単純におもしろいし見ていて爽快な映画だったのでポールウォーカーの印象も強く残っています。(まぁそれ以上にヴィンディーゼルのドミニク役の方がインパクトあったけど…)
残念なのは、あれだけかっこよくてスタイルもいいのに、ワイルドスピードを超える作品がなかったことですね。

もっといろんな映画に出てもいいような気がしたのですが、日本で話題になる映画にはあんまりでてない印象があります。

車での事故死ということですが、本当に残念ですね。ワイルドスピードに出演し、本人も大の車好きらしいですが、友人の運転とはいえその結末は皮肉な感じですね。
改めてワイルドスピードシリーズを見てみようと思います。
でも運転の面では、影響を受けないように注意しないとですね!
ほんと何が起こるかわからないですね、人生は…。

マクドナルドの新たな戦略

日本マクドナルドの現社長サラ・カサノバ氏は15日、大都市の一部でテストを行っていた「宅配事業」を全国に広げていく方針を示したと、ニュースサイトで報じられていました。

最近業績があまりよくないマクドナルドは、現状を打破するべく頭打ちの外食市場から成長が続く「中食」市場に打って出て、業績回復につなげたい考えがあるそうです。

またカサノバ氏は「日本の外食業界は市場全体が伸びていないなかで、競争がかなり激しくなっている」と述べ、さらに宅配や持ち帰りなどの中食市場は伸びていると分析していることから「お客が店に来られないなら、我々がマクドナルドを家庭に届けていく」と、これからの方針を示す発言をしています。

しかし正直言えば、格安のファーストフード店として広く認知されてしまったマクドナルドが、今更少し値段が高い「中食市場」に入り込むことができるのか疑問です。

同じファーストフードで「中食市場」といえば、モスバーガーなどがありますが、そちらは長年「中食市場」で頑張ってきたこともあり、今はそこそこ業績が良いようです。

またピザなどの「宅配事業の中食市場」は、最近ではドミノ・ピザが「初音ミク」や「進撃の巨人」などの人気キャラクターや漫画などとコラボし、見事売り上げに成功していますが、それはマクドナルドも既に前々から「ハッピーセット」などでやっています。

ですがドミノ・ピザとマクドナルド違いは、そのコラボ企画に取り組む「こだわり」が圧倒的に違い、マクドナルドようにおもちゃだけをつけるだけではなく、ドミノ・ピザはコラボ作品のファンが喜んでもらうために、オリジナルの歌や容器のデザインに配達のバイクのデザインまで、あらゆる面をコラボ色に染めていました。

現在成功している「中食市場」の企業は、どれも「お客の心を掴む努力を惜しまない戦略」をしています。
ですからこれからマクドナルドが「中食市場」で成功するのに必要なことは、先に成功した企業のような「本気のこだわり」を、お客へ見せることができるかどうかだと思います。

野球選手の適正な年俸

もともと、最近の野球選手は中日球団に限らず、あまりにも給料が高すぎます。あの世界のホームラン王、王貞治さんですら、当時の物価価値で年俸2億円ほどだった聞いたことがあります。なのに、今の野球選手は並の選手でも1億円以上貰っている選手ばかりです。

もちろん、昔とは環境が違うので、給料を高くしないと、ライバル球団にFAで移籍されてしまったり、メジャーリーグに選手が流出してしまったりするのを防ぐ意味合いもあるのでしょうが、最近の選手の年俸は、あまりにも選手の価値と比べて給料が高すぎるような気がしてなりません。

今回の中日球団の大減俸は、本来あるべき野球選手の給料に戻しているだけで、大騒ぎするようなことではないと思います。野球人気が低迷してきているというのに、選手が昔の意識のままで高給を取り続けていれば、人件費に経営を圧迫され、財政破綻する球団が出てもおかしくありません。中日球団に追随して、他球団も選手の減俸を推進する流れになったほうが、将来的には日本野球界のためになると思います。

日本人が好む北欧雑貨

北欧雑貨店が相次いで上陸、すごいことです。
日本の市場をよくわかっているのかもしれません。
洋服よりも雑貨の方が手頃な値段で買えることから、量産できるので売上にもつながるのではないでしょうか。

女性のみならず、最近では男性も雑貨に興味のある人が多く、プレゼントを選ぶ時も
雑貨屋へ足を運んで自分で購入することが多くなったと思います。
100円ショップ、300円ショップと格安店が流行るのは、安価で案外おしゃれなものが
見つかるという利点があるからですね。

しかも今回の北欧の雑貨店に対するイメージは、100円300円の物とは少し違う
北欧という国がブランドとして確立されているからだと思います。
人の心理をうまくついています。
北欧という言葉そのもののもつ響き、北欧の地理的なイメージ、生活感、人のコミュニケーション性等、日本に入ってくる情報としてマイナスの要素はないと思います。
他の国はよく知りませんが、日本への参入は大いに期待できるのではないでしょうか。

遼くんついにアメリカで復活

日本でも賞金王となったあとから徐々に成績が下降し始めた石川遼選手。それでも日本国内の大会ならばなんとかごまかしごまかし成績を残して、スポット参戦したアメリカツアーで成績を出して何とかつかんだアメリカツアーのシード権。

しかし、安定しないスイングに、精神的な不安定性が追い討ちをかけてレギュラーツアーではシード権を確保できず。

シード権をかけたプレーオフも第一戦では予選落ち。まさにがけっぷちとなったことで何かが吹っ切れたのでしょうか。

その後の3戦で見事な成績でシード権を獲得すると、ツアー開幕戦では最終日にスコアを落としたものの21位となり復調の兆しを見せていました。

そして今回の第2戦では3日目を終えて5位。

まさに石川遼復活といっていいでしょう。
松山英樹選手の活躍に、影に追いやられていた感がありましたが、今後の試合では松山同様、もしかしたらそれ以上に活躍してくれそうです。

今回のアメリカツアーは松山、石川のダブル参戦でどちらが優勝するのかという楽しみができました。

運転免許は合宿で

運転免許は合宿で取りたいなぁ、と、友人が言っている。
もう、何年もその言葉を聞いているけど、なかなか重い腰は上がらないみたいだ。
とはいえ、未だ計画はしているらしい。
かなり豪勢な合宿もあるみたいだし、どうせなら一気に免許取得って理想的かもね。

コンビニにしか見えません

通勤途中にある大垣共立銀行。銀行なのに店の看板には「トイレ」「コピー」とあるのでコンビニと間違えそうになります(苦笑)。
でも店構えがホントコンビニみたいなんだよなあ。もしかしてこの支店、以前は本当にコンビニだったんでしょうかね?

謎の口コミ

グーグルで香川銀行の地図を検索してみたら、口コミにこんなコメントが。

「とにかく旨い! 」

旨いのは讃岐うどんですかね?(笑)
でも香川銀行といえば「セルフうどん支店」なんてのもあるし、あながち間違いじゃなさそうだなw